ファーマーの長靴のブログ

ファーマーの長靴のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

種牛を洗う・・・と云うこと。

会社で飼っている種牛4頭を洗うという、大儀を果たす事となりました。
(私もついにここまで来たか・・・)

種牛はその名の通り、去勢をしていない雄の牛で体重は800kg~1t(?!)もの牛。
肥育牛とは違い健康そのものの為、慣れている方でも扱いを間違えると大怪我する(時には「死」をも・・・)危険な代物・・・もとい危険な牛です。

「種」を採るために飼育している為、体も大きく肉質も良い優良な雄牛のみ成ることのできる

まさに「選らばれし牛」です。

その牛達を洗うという事は、すなわち!「種牛」にも「ファーマー」として認められた(であろうという社長判断)という、紛れもない証。

時間はかかりましたが、何とか任務遂行しました・・・。

実際の作業時間、4頭で2時間以上・・・おっかなびっくりしながらの牛のお風呂でしたが、

慣れれば平気かもね!(多分)


※牛を洗う時に気づいた点。

・洗う手順は頭(顔)→背中→背中から腹部→尻尾周辺→蹄と流すのが理想的。
(特に頭の後ろと耳の裏側、尻尾の付け根辺りは自分ではケア出来ない為、念入りに。
※この時、耳に水が入らないように注意する。)

・牛も寒い場合は温水で洗う事。(逆に5月以降暑くなると水で洗う。)

・牛用のシャンプーはなく、(あるのかも知れないけれど)人間用のシャンプーを使用しても良い。
(直接散布し、温水(または水)をかけながら洗う。)

・洗う場合、鉄製の「金櫛」を使用し、力を入れて洗う。(すっごい毛が抜ける!)

・「冬毛」が今の時期~4月に掛けて抜けて、生え変わる。

・牛の中に優先順位が(牛を牛舎から出す順番や入れる順番など)あって、守らなければ暴れ狂う。

と、要点をまとめましたが、一般社会人の皆様方が「牛を洗う」なんてコト、滅多にないと思うので、無駄な知識になっちゃいましたね(^^ゞ

次は何かしら為になる記事にしたいと思います。

※トレード版更新しました!特に六武パーツ、宜しくお願い致しますm(__)m


スポンサーサイト
  1. 2012/02/25(土) 21:45:08|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<完成?!「終世」デッキレシピ | ホーム | エースデッキ紹介!その名も「カオス青眼の雷龍XYZ」!>>

コメント

軽自動車より重いですね。暴れるcivicじゃないですか…

そういえばアマゾンでスライのオリジナルアルバム紙ジャケ5枚セット新品で1700円でありましたよ。
  1. 2012/02/26(日) 14:46:15 |
  2. URL |
  3. ロ人形 #-
  4. [ 編集 ]

ロ人形くん。

久しぶりだね!

そこまで、あからさまな暴れ牛ではないからマシだけどね。

スライ紙ジャケオリジナル五枚は中古でも買いでしょ!

それとYESのギタリストのソロ2ndが出てきたから、色々とまとめて近々送るね!(遅くなってごめん)

他になんか聞きたいのあったら遠慮なくいっておくれ~三枚も十枚も送るのは同じことだからね。
  1. 2012/02/26(日) 17:53:30 |
  2. URL |
  3. ファーマー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mo25212521.blog.fc2.com/tb.php/123-5b274df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。