ファーマーの長靴のブログ

ファーマーの長靴のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「メイジナイト」ウォーバンド紹介 その3

まだまだいくぜ!

本日、メイジ熱の醒めないうちにもう一つ!

ホラ・・・「鉄は熱い内に叩け!」ってね?


では早速。

因みにフィギュア名の後ろの英字がレアリティ、その後がポイントです。
 
※黄がWeak(略W)〈青がStandard(略S)〈赤がTough(略T)〈ユニーク(略U)
向きの順にレアリティは高くなります。

 その3「聖騎士の皇子とその側近」

・Paladin Prince (U) 71pt
・Elf-at-Arms (T) 19pt
・Elf-at-Arms (T) 19pt
・Rivvenguard   (T) 19pt
・Standard Bearer   (S) 13pt
・Elite Surok Apprentice (T) 22pt
・Light Cavaliers (T) 37pt

           合計 200pt

 コンセプトはを不滅の騎士団で編成した「エルフス・フォーム」系統のウォーバンド。
肝はStandard Bearerの強行軍にフォーメーションを組んだエルフ達の集団移動で相手にプレッシャーを与えます。
あまり使われる事の少ない「Paladin Prince(聖騎士の皇子)」を採用。指揮と治療、白兵戦に活躍します。
RivvenguardやElf-at-armsは攻撃命中率の高いタフを採用。主力として前線で戦います。
Elite Surok Apprenticeも達人を持つ「皇子」の側近。

騎兵は定番の低コスト騎兵Light Cavalierのタフ。突撃&達人でどんな場面でも有用な美女。

ちょっとファンデッキっぽい内容ですが、そこは終わったゲーム!
良いじゃないか(>o<)

改良案などありましたら是非コメント下さいm(_ _)m

スポンサーサイト
  1. 2012/12/03(月) 02:08:54|
  2. MAGE KNIGHT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「ボードゲーム」名作!火吹山の魔法使い | ホーム | 「メイジナイト」ウォーバンド紹介 その2>>

コメント

マーチング持ちとアトアームズの組み合わせは優秀ですね。

用兵的には主力に戦闘力が偏り過ぎているので、騎兵アーミー等に逃げ回られると端のエリートサーロックだけ倒されて負ける可能性が高いです。

先制攻撃用の速射か長射程駒を入れて囮にし、そこに群がってきた敵を主力が迎撃する形にするとスウォームの打撃力が生かせると思います。
  1. 2013/01/02(水) 11:52:24 |
  2. URL |
  3. Dちう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mo25212521.blog.fc2.com/tb.php/192-b984e888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。